グルーガン?メルトガン?ホットガン?ホットメルト?ホットボンド?

私がショタだった時代に学校の工作で初めて使いましたが、そのときはすぐボロボロになって剥がれたのであまりイメージが良くないものでした。
が、私がショタではなくなった時代(界隈ではジジイ扱いでしょうきっと)に改めて使ったらわりと良かったので使い出しました。

グルーガンは本当に素晴らしいですね。だってAmazonの箱にも使われてますよ???基盤にも使われてるのたまに見ます。

私がわりと高いスティックとガンを買ったためかわかりませんが(ネットショップでそれしか売ってなかった)、特に剥がれるということもなく使っています。(経年劣化はしりません)

メルトガンの利点は、
・大体のものをくっつけることが出来る
・剥がしやすいかつ残りにくい(紙とかに使った場合はしらん)
・多少の凹凸は埋めることが出来るため接着以外としても使える
・電気を通さないから絶縁にも使える
素晴らしい!最強でしょ・・・

私が実際に使った事例としては、
・クリップ2個とホットガンでスマホ立てを作る
・引っ掛ける部分が壊れたストラップをはんだとホットメルトで補修
・USBハブにホットボンドでクリップくっつけて、傷対策にクリップ側に隙間テープを貼り、クリップ式USBハブを作る(市販のクランプ式USBハブを買うことをおすすめします)
などがあります。

なにげに便利!ふとした瞬間に買っててよかったってなります。

みなさんも買いましょうね。
USB_Hub
(これはクリップ式USBハブの現状です{多分くっつけ方が悪かっただけです}{ホコリ多いなおい・・・})

ていうかクリップって挟む力強すぎませんか?ディスプレイがみょんみょんしちゃうのでもっとゆるくしてほしいです。そもそもディスプレイにクリップつけて大丈夫なのでしょうか。痛みそうですが・・・

Advertisement