AviUtlの構築まとめ 設定編 │ NEL Laboratory
リライトしました。

導入したので設定です。忘備録です。
AviUtlの構築まとめ~導入編~ : ららら雑記帳

基本的に設定は好みなので、自分のPCのスペックに見合った好みの設定を探してみてください。

AviUtl本体
まず管理者で起動しておきます。
ファイル→環境設定→システムの設定
最大解像度をとりあえず1920*1080に(拡張編集プラグイン側で大きくするので小さめで良いかもしれません)。
最大フレーム数は長時間の60fps動画データを扱うかもしれないということを考慮し、640000にしてみました。基本的には変える必要はありません。
キャッシュフレーム数は16にしました。
リサイズ設定の解像度は1920x1080,1280x720だけにしました。あまり使わないでしょうし。
再生ウィンドウはメインウィンドウに表示。
LargeAddressうんたらは基本的にチェックに入れておきましょう。メモリを多めに使えるようになります。
関連ウィンドウ同士をスナップするようにしました。

次に設定→フィルタ順序の設定→ビデオフィルタの設定からフィルタ順序を正しい順番にしておきましょう。
これを見てやってください。
【AviUtl】フィルタの順序とは?おすすめ設定方法について
とりあえずサイズ変更を一番上、その下に拡張編集です。あとは雰囲気で順序を設定してください。

次に表示→拡大表示からWindowSizeにしておきましょう。しないとFHDディスプレイでFHDソースを読み込んだときに厄介なことになります。

設定したらAviUtlを閉じて再起動しておきましょう。一応。

拡張編集プラグイン
まず拡張編集タイムラインを表示させます。設定→拡張編集の設定ででます。ここでAviUtlメインウィンドウと拡張編集タイムラインの大きさを調整してしまいましょう。好みです。
あとは右クリックをして、
グリッド(BPM)表示をオン、グリッド(XY軸)表示をオン、グリッドの設定からBPMを600に、画像処理を間引いて表示をオン、環境設定からレイヤーの幅を小に、オブジェクトの端をつまむ時に隣接するオブジェクトを選択をオフに、バックアップ間隔を1分に、バックアップの最大数を30に、動画ファイルのハンドル数は一応8に、画像データのキャッシュ数は4に、最大画像サイズはスマホでとった高解像度の縦型写真も入るように7680*4320にしました。8KUHDTVサイズです。大きすぎる。

L-SMASH Works
まずファイル→環境設定→入力プラグインの優先度の設定からL-SMASH Worksを下めにしておきます。個人的には下にしなくても良いような気もしますが、一応初期搭載のプラグインのほうが安定性が高いでしょうからそっちから入力を試させましょう。
次にexedit.iniに拡張子を追記していきます。
【AviUtl】拡張編集で読み込める拡張子を増やす方法【.mkv .mpg .mpeg .wma .wmv .m2ts等】

.mp4=動画ファイル
.mp4=音声ファイル
.mkv=動画ファイル
.mkv=音声ファイル
.3gp=動画ファイル
.3gp=音声ファイル
.mov=動画ファイル
.mov=音声ファイル
.flv=動画ファイル
.flv=音声ファイル
.avi=動画ファイル
.avi=音声ファイル
.webm=動画ファイル
.webm=音声ファイル

.wav=音声ファイル
.flac=音声ファイル
.mp3=音声ファイル
.m4a=音声ファイル
.aac=音声ファイル

.png=画像ファイル
.jpg=画像ファイル
.jpeg=画像ファイル
.bmp=画像ファイル
.gif=画像ファイル

.txt=テキスト

使わなそうなものまで含めて設定しました。
次にファイル→環境設定→入力プラグインの設定→L-SMASH Works File Readerの設定からLibav+L-SMASHのチェックを外します。ただこれは私の環境だと何故か相当重くなるという不具合改善のためであって大抵の場合は不要かもしれません。

x264guiEx
x265guiEx
プロファイルが最初から充実しているので不要ですが、なんとなく自分でプロファイルを作ります。
設定→圧縮の設定→プラグイン出力の設定→x264なことを確認して設定、プロファイルニコ動30分以下を選択、上限ファイルサイズを2995MB、品質を17に、AACビットレートを320kbpsに設定したらプロファイルを別名保存します。
ついでにLINE用も作ります。LINEは送信可能なファイルサイズが200MBまでなので、さっきのプロファイルの上限ファイルサイズを195MBにしておきます。そして別名保存。
なおx265では品質を22に。

・拡張編集を半透明化
半透明度を200にしました。

・ショートカット追加
AviUtlの変なショートカットをWindowsで基本的に使われているようなものにしました。
というか使わないショートカットを結構消しました。
編集プロジェクトの上書きをCtrl+Sに変更したぐらいです。後できちんと設定します。
・あまり使わないショートカットを削除
・Ctrl+Aを削除して新たにすべてのオブジェクトを選択に割り当て
・グループ化にShift+Gを割り当て、解除にShift+Alt+Gを割り当て
・上のオブジェクトでクリッピングにShift+Cを割り当て

以上です。

Advertisement